2021年 1月 23日 土曜日
Home > インフォメーション > ストック事業の更なる拡大を目指す首都圏・関西・中部のリフォーム会社を再編

ストック事業の更なる拡大を目指す首都圏・関西・中部のリフォーム会社を再編

ストック事業の更なる拡大を目指す
首都圏・関西・中部のリフォーム会社を再編

 

○エリアごとに異なるリフォームニーズに、より柔軟に対応
○都市部においては、非住宅リフォームや大規模リノベーションを一層強化
○ミサワホームグループのリソーセスを最大限に活用し受注拡大を図る

 

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)は、ストック事業の更なる拡大に向け、首都圏・関西・中部におけるリフォーム会社を、10月1日付で再編します。
首都圏の1都5県を担当しておりましたミサワリフォーム株式会社は、東京・神奈川地区と埼玉・群馬・千葉・茨城地区を担当する会社に分割。また、関西と中部地区を担当しておりましたミサワリフォーム関西中部株式会社は、近畿圏と東海圏を担当する会社に分割し、エリアごとに異なるニーズに、より柔軟に対応できる体制を整えます。

 

 

ミサワホームは現在、新築請負事業に加えて、ストック事業、まちづくり事業、海外事業に注力しています。これらの事業を通じて、土地オーナーや保有不動産の利活用を検討する法人、自治体などとの接点が増え、リフォーム・リノベーション工事の対象も、戸建住宅から、マンション、オフィスビル、ホテル・旅館、商業施設などに至るまで、多岐にわたっています。

そうした中で従来、戸建住宅のリフォームを中心とした事業として長年展開してきた「ミサワホームイング」のブランド名を、2018年に「ミサワリフォーム」に変更し、戸建住宅で培った経験をもとに、大規模リノベーションやコンバージョン、非住宅リフォームに加え、新築同様によみがえらせるリファイニング建築※など、お客さまのニーズに対し資産価値を高める的確な提案を積極的に行っています。

※太平洋セメント(株)、(株)青木茂建築工房の登録商標

 

詳細はこちら↓
ニュースリリース