2019年 11月 17日 日曜日
Home > インフォメーション > 2019年度グッドデザイン賞を受賞
2019年度グッドデザイン賞を受賞

2019年度グッドデザイン賞を受賞

住宅業界唯一の30年連続受賞
2019年度グッドデザイン賞を受賞

○5点の受賞により、累計受賞数は住宅業界随一の156点に
○個人住宅、まちづくり提案、ランドスケープデザイン、耐震補強製品、地域・コミュニティプロジェクトなど幅広く受賞
○地域・コミュニティプロジェクト「蒸暑地サステナブルアーキテクチャー」※1がベスト100に選定

 

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)は、2019年度グッドデザイン賞(主催 公益財団法人日本デザイン振興会)において、サステナブルなコミュニティにつながる研究開発プロジェクト「蒸暑地サステナブルアーキテクチャー」、戸建住宅分譲地「エムスマートシティ熊谷」、ランドスケープデザイン「Kamakura Landscape」、個人住宅「伉儷のシュシュ」、住宅用基礎耐震補強製品(工法)「タフベース」※2の計5点で受賞しました。これにより、1990年の初受賞以降、住宅業界唯一の 30年連続受賞となり、住宅商品54点をはじめ、住宅関連部品や個人邸など累計156点の受賞数は住宅業界で随一の実績です。

 

詳細はこちら↓
ニュースリリース