2017年 11月 23日 木曜日
Home > 施工事例 > 蔵のある家

蔵のある家

吹き抜けを中心に明かりが降り注ぐタイル貼り邸宅

1階、1.5階、2階、2.5階 各階から吹き抜けを臨めます! ミサワホームで圧倒的な人気を誇る『蔵のある家』に、吹き抜け空間をプラスして、コンパクトながら坪数以上の広さを演出する住まいです。上下の“温度差換気”“煙突効果”を取り入れ、冬暖かいのはもちろん“夏の涼しさ”を追求しました。 続きを読む »

プレーンな住まいに、自分のスタイルをクリエイト!

余計な装飾をなくした“シンプル・イズ・ベスト”のファザードが基本 必要最小限のミニマルな設計ながら、より広くより明るくより心地良く暮せる空間としました。SMART STYLE「C」は、プレーンなままでもクリエイトしても、いつまでも快適に暮せる住まいです。階段の吹き抜け「センターヴォイド」により、つながりのある設計としました。住まいの中央に、たっぷり採光・通風する“光と風のシャフト”をつくることで光が周囲の空間に広がり、明るく爽やかな住ま ... 続きを読む »

軽井沢追分のセカンドハウス

毎日を思いのままに楽しむ、自分サイズの住まいです。 吹き抜けが開放的なLDKに和室をプラスして 一体感のあるスマートなプランです。お施主様が数年間かけて構想を練り、ついに自分流セカンドハウスを実現させました。軽井沢追分の広い敷地に、溢れんばかりの星空を眺めるための天体観測コーナーや蕎麦打ちをするための広いダイニングキッチン、広い庭には家庭菜園のコーナーなど夢を一つ一つ叶えるセカンドハウスとなりました。 続きを読む »

ご家族のコミュニケーションが普段の暮らしの中で深まります。

ふれあいが豊かになる『センターリビング』プランです。出かけるときも、帰ってきたときも、必ずリビングを通る設計です。 ミサワホームの新商品『SMART STYLE O40』 インテリアのアクセントとして木目調のアクセントクロスを採用し、空間を広く感じさせる横目地建具が高級感を醸し出しています。同じ床面積でもゆとりの空間。 2階は、開放感いっぱいの吹き抜け勾配天井。ゆとりの空間でのびのびとした暮らしが実現できます。 そして、8畳の蔵が2つと ... 続きを読む »

街並みに溶け込んでいながら、ありきたりではない存在感。

上質感が漂うデザイン、空間を最大限に利用したリビング、ゆったり落ち着けるくつろぎ感。 充実した生き方を実現するために、「家」は大切なステージです。豊かな時間を楽しみながらも、自然や環境に調和する暮らし。自分の個性と家族のふれあい、開放感と落ち着き・・・。そんな相反するテーマを「上質な暮らし」のなかにバランスよく両立できる家です。 続きを読む »

和と洋のコントラストが映えるこだわりの住まい

上質なゆとりを感じさせるハイクオリティなお住まいを実現させました! 吹き抜けのある高天井から下がる照明やクールな蒼いな光を放つダイニングの明かり、ミサワホームオリジナルのスクエアカップボードが収まっているリビングは、まるでハイグレードなホテルのよう・・・。 広縁に囲まれた本格的な和室は極上のおもてなしの為の客間です。坪庭を眺めることができる大きな窓がある浴室や心が和む珪藻土仕上げの壁、階段下のワインセラーにもなる収納スペースなど随所にお ... 続きを読む »

27畳の蔵 まるでホールのような広~い収納空間のご提案

土間や1階蔵もあわせると収納だけで約53畳分! 2世帯3世代同居ということもあり 収納の工夫が随所に成されています。玄関を入ると天井の高さは約7mの吹き抜け・・・ 柔らかい陽の光がトップライトから差し込み 玄関を明るく包みます。ご主人の書斎には今日までのコレクションをまとめて飾れる飾りだなを造り付けました。 続きを読む »

実家建替えでご両親との同居がスタート!

1階と2階に大収納空間 『蔵』 を設けました。 若夫婦が将来の生活設計を考えて、ご両親との同居を実現させるために、ご実家を二世代同居の住まいに建替えました。リビング・キッチン・バスルームは共有。1階和室はご両親のスペース。1階と2階には大収納空間『蔵』を、2.5階には若夫婦の主寝室と将来生まれてくる子供の部屋を設けました。ご主人が設計士ということもあり、外壁や室内の細かい部分に拘って作っている建物です。 続きを読む »

アトリエのある別荘

軽井沢の静かな森の中、アトリエで趣味の絵画に没頭していると小鳥たちのさえずりが・・・ 軽井沢オナーズヒルにあるK様邸。 3種の違ったタイプの外壁が目を引きます。一階に蔵を配した三階層の建物です。 一階より半階上ったアトリエは、奥様ご趣味の絵画の為に設置されました。内装・インテリアから水廻りまで、お客さまの拘りを反映し、ハイセンスな仕上がりとなっております。 続きを読む »